手間がかからない

フロアコーティングを行う事で掃除が楽に行えます

フロアコーティング材料の中で最もお得と言われている材料がウレタンコーティングです。 ウレタン樹脂を利用したコーティング材料の耐用年数は8年から10年と言われており、最も多く利用されているフロアコーティングになります。 因みに、フローリング床と言うのは木材が原料になっているため、吸水性を持ちます。 それ故に、飲み物をこぼしてしまった時などは速やかに拭き取ることが大切です。 また、日常の掃除をする時などは水拭き掃除は厳禁であり、掃除における不便さを持っているのです。 しかしながら、フロアコーティングを施工する事でフローリング床の表面にはコーティングが施されるため、日々の生活の中での水拭き掃除が可能になりますので掃除がし易いと言うメリットが有るのです。

フロアコーティングのコーティング材料とコストおよび耐用年数の比較

フロアコーティングのコーティング材料にはアクリル系のワックスが有ります。 アクリル系のコーティング材料はフロアコーティングの中でも最も価格が安いと言われています。 しかし、コストが安い反面耐用年数としては3年程度であると言われているのです。 フロアコーティングの中でも最もコストが高いと言われているのがUVコーティングで、耐用年数は20年以上と言われています。 そのため、3年に一度の割合で施工を行うか、20年に一度の割合で施工を行うのかは、コストを比較する事でどちらがメリットが有るのかを比較する必要が有ります。 また、施工を手掛ける業者により値段が異なりますので、業者の比較を行う事で少ない費用で綺麗な状態を保つことが出来るのです。